FC2ブログ
  • 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 11
Stayed Alive!
ヘタの横好き洋裁の記録
最近、和風の布が気になってしょうがありません…

かまわぬ手ぬぐい百科かまわぬ手ぬぐい百科
河出書房新社編集部

河出書房新社 2007-06
売り上げランキング : 43663
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ユーモアが効いていて読んでいるだけで楽しい。あ行から順に、キーワード辞典のようなつくりになっているので、内容的には重複するものも多いけれど。

手ぬぐいはボディタオル代わりに浴室で使っていますが、泡がクリーミーで肌に刺激が強すぎずソフトながらしっかり洗えてとっても良いです。乾きも本当に早いし。この町は湿気が多いのでリネンも活躍していますが、手ぬぐいも日本人ならではの知恵だなあとつくづく思わされます。

こういう気の利いた本を読むと、いくつか頂き物の手ぬぐいをどんどん活用しなくっちゃ~という気になってきますね。というか、コレクションしたくなっちゃう…嗚呼それは違う方向のような(汗)。ハスに構えた見方をすれば、“かま○ぬ”の手ぬぐい販促本とも言えますが…

つづきを表示
page top
今取り掛かっているのはこちら。1枚でも、羽織ものとしても着られるようなブラウスジャケットです。

【参考図書】ミセスのスタイルブック2007初夏号p.43

“和布のブラウス”という特集の中のひとつです。シーチングだと全然雰囲気が出てないです。特に衿もとというか、首のあきの具合とか…ま、あくまで仮縫いということで。
つづきを表示
page top
CATEGORY : 縫ったもの-トップス
パネル切り替えのショートコート、じゃなくてハーフコートですね
DATE : 2007-08-14-Tue  Trackback 0  Comment 0
※タイトル若干変更しました。こちらは今年に入って作製したハーフコートです。途中ブランクがあったりして随分と時間が経ってしまいました。

【使用生地】はなはっか(多分)で購入 綿100%
【裏地】袖裏のみ キュプラ ベンブルグ
【用尺】2.5mくらい?

生地は表がヘリンボーンで裏がストライプ状にステッチが入っているものです。私はステッチの方が表と信じて疑わなかったので(笑)裏を表に使いました。でも先生がそうとは思わず、前見返しだけ裏に芯を貼ってしまったので、見返しは実は表が外側になっています(くどい説明ですみません)。外から見える部分ではないのでキニシナーイ(笑)。
つづきを表示
page top
昨年作ったノーカラージャケットです。ボタンホールになかなか出しに行けずに、完成まで長らく放置してしまいました。

【使用生地】ウール100%(確か) ぬのや で購入
【裏地】キュプラ ベンブルグ(確か)

用尺は…忘れました。110cm幅くらいで2.5mはあったと思いますが、50cm以上余っていたので2m内外でしょう。

ボタンは共布でくるみボタンにしました。柄合わせというか色合わせをしているので、カメレオンみたいになってしまいました(ボタンが目立たない(笑)

つづきを表示
page top
洋裁とはあまり関係が無いのですが…

ふろしきでエコライフ―バッグ・包む・インテリア (レディブティックシリーズ (2940))ふろしきでエコライフ―バッグ・包む・インテリア (レディブティックシリーズ (2940))
森田 知都子

ブティック社 2006-10
売り上げランキング : 74492

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


縫わなくてもバッグが出来る…というのに非常に強く惹かれまして(笑)。洋裁をする者としてそういう見解はいかがなものかと自分でも思いますが、布なら沢山あるわけだし、こういう活用の仕方もあるんだな、と。これを見ていると、風呂敷って生活の知恵のひとつだなあとつくづく感じ入ります。

引っ越してからエコバッグを使うことに抵抗がなくなりました。変な話ですが、エコバッグって何だか“照れ”が入って都会だと使いづらかったんです。でもこの界隈では割と定着しているし、海と山のそばで暮らしていると照れている場合じゃなく、もっと切実で身近なものになりました。最近はほとんどレジ袋を断っています。でもたまに予定外の買い物をすることもあるので、そういう時にかさばらない軽い大判の布を1枚持っているといいのかもしれません。この本に紹介されているようなバッグなら、都会で持っていてもすっごくオシャレだと思います。

試しに少し小さめのバンダナでトートバッグ作りに挑戦してみたんですが、結び目がかさばって上手く出来ませんでした。やっぱりちりめんやポリエステルなどの化繊素材の方が向いているのかな。作りたい形にもよるのでしょうけれど。布のサイズも重要なポイントみたいです。

ひもとロープ結びのきほんBOOK (生活実用シリーズ NHKまる得マガジンMOOK)ひもとロープ結びのきほんBOOK (生活実用シリーズ NHKまる得マガジンMOOK)
小暮 幹雄

日本放送出版協会 2007-07
売り上げランキング : 7412

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


こちらも手芸というよりもっと実用的な内容なのですが、暮らしに役立ちそうな結び方が沢山紹介されています。特にトライしてみたいのが、新聞の束ね方、靴紐の結び方、物干し用ロープ、ウォールハンガーなどなど。キーホルダーやストラップなども素朴な味わいでなかなか素敵です。

ファイバークラフトでつくる雑貨―水にぬらせば自由自在!好きな形がつくれるペーパーファイバークラフトでつくる雑貨―水にぬらせば自由自在!好きな形がつくれるペーパー

雄鶏社 2007-07
売り上げランキング : 158328

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


これはクラフト系です。市販のゴミ箱でファイバークラフトを使ったものがある、というのは新聞の記事で読んで知っていましたが、一般的に入手できるものとは思いませんでした。自由自在に形作ることが出来て、軽いけど丈夫、捨てる時は紙として燃やせる…というのが魅力的。今の家で使いにくい造り付けの収納をどうしようかずーっと悩んでいたのですが、この素材でちょうど良いサイズのものが作れそうなのでこちらも是非試してみたいと思います。

page top
Copyright © 2005 Stayed Alive!. all rights reserved.